通信制高校で一般的な家庭を学べる~カキカキ通信で勉强~

女性

とても大切である

学生

大学に入学したらゼミに参加しなければならない場合もあります。ゼミに参加することによってより専門的なことを学ぶことができるので、本気で勉強をしたい人にとっては大変に意義のあることです。そして夏にはゼミ合宿を行って泊りがけで勉強をする場合もあるので、その点はしっかりと把握しておいた方が良いです。

通学自由のスタイル

本とペン

東京都内に通信制高校が増えています。その背景には、これまで授業サポートをサポート校に頼っていた通信制のシステムが大きく変換した実情があります。授業体制もレポートの指導も、通信制の学校で担い、サポート校を必要としない学校が多くなりました。そして、サポート校の側は、新たな通信制高校となりました。

しっかりと勉強出来る

勉強

光が丘の塾は多くある事が特徴であり、優秀な講師も揃っています。一人一人に大切な事を教える時間を設けており、今後は勉強スタイルを変化させる様な取り組みも増えると思われます。大学まで安心して任せる事が出来るのも嬉しい点です。

自宅で学べる高校教育

学生

時間を有効に使いたい人に

通信教育といえば専門学校や資格検定などでおなじみですが、受講できる内容は専門的なものだけにとどまりません。一般的な高校教育課程もまた、通信教育によって学ぶことができます。通信教育によって学ぶことのできる高等学校を、通信制高校といいます。通信制高校には全日制と同様に公立及び私立の2種類があり、いずれも必要な単位を修めれば正式な高卒資格が得られます。通信制高校は今、多様な学びのスタイルを実現する手段の1つとして人気を集めています。働きながら勉強したい人、全日制に通っていたものの卒業に必要な単位が不足している人、芸能活動やスポーツの練習などに昼間の時間を使いたい人など、さまざまなバックグラウンドを持つ生徒たちが在籍しています。

勉強はマイペースで

通信制高校は全日制と同様、3年以上の在籍期間を必要とします。その中でレポートやテストなどの成績によって単位を認定し、必要単位数に達すると卒業資格が得られます。学習は課題を与えられての自宅学習が基本となりますが、体育系の科目などについて一部通学が必要なものがあります。また、スクーリングといって教師と直接面談をして指導を受けたり勉強の進め方についての相談に乗ってもらったりする制度があります。勉強するしないはすべて自分次第となるため、通信制高校で学ぶには相応の自己管理能力が求められます。このことは、裏を返せば自分の生活のリズムやペースに応じて学習が進められるという、全日制にはないメリットがあるということになります。